【雑記】シャープ 液晶テレビ AQUOS LC-40H40を手に入れました。

とある事情でほとんどタダに近い条件でシャープの40型テレビ、AQUOS LC-40H40を手に入れました。

40インチで2016年モデルと比較的新しいモデルでしたので・・・・

 

こちらのモデルは非常にシンプルなモデルで、スマートTV的な機能もない、単機能のテレビです。テレビ等の視聴以外に特に気になる機能はUSB接続のHDDへ録画できる機能あたりでしょうけど、この辺の機能は最近ではごく当たり前の機能ですね。

 

■まず、第一印象から・・・

まず、接続を行おうと背面パネルを確認すると・・・端子類の少なさに唖然としました。HDMI入力端子は2系統、あとはアナログ入力(コンポジット・D端子の排他利用)が1系統、VGA入力が1系統のみと少な目。正直HDMI端子が2系統というのは今時ちょっと寂しすぎな気がしますが・・・・。

まぁ、このクラスは価格競争の激しいので無理なコストダウンの結果といったところでしょうか?

 

そして・・・・音声出力端子がありません。アナログ出力も光デジタル出力もなく、音声出力を利用したければARC機能を使うしかなさそうです。ただでさえ少ないHDMI端子なのに・・・・・。

 

■実際に映像を見てみると・・・

流石シャープだけあり、画質は綺麗です。映画やアニメなどのいくつかのコンテンツを視聴してみましたが、個人的には大満足です。

ただ、音に関してはお世辞にも良いと言えるレベルではなく、小型テレビのようなチープな音でしたので、映画などのコンテンツを楽しむと、画質に対して音質が良くなくがっかりすると思います。

自分は中華サウンドバーを接続し、音をそちらから出力することで解決しました。

 

■総評

とにかく大画面のテレビが欲しい。ネットコンテンツやゲーム等は利用しないという人向けでしょうか?

ただ、安価であることを考えると、必要に応じてHDMIセレクタやARC対応のオーディオ機器を活用すれば端子数の少なさはカバーすることができます。

実際自分もARCによる音声出力機能付きのHDMIセレクタを利用してその辺の問題は解消しました。

 

不満点も多いですが、Kakaku.comでこの機種の後継機でもある2T-C40AE1の実売価格を調べてみたところ、なんと5万円台程度でした。

この価格であればこの仕様は納得できるレベルですね。

【雑記】ドン・キホーテの2万円タブレットを使ってみて・・・・

とりあえず、以前から気になっていたドン・キホーテの新型タブレットを購入して丸一日弄ってみましたが・・・・

 

・eMMC 64GBの力は大きい!

前モデルはeMMCが32GBだったため、環境を作る段階で少ないストレージをどうやって使うか、それを補うためにマイクロSDをどう活用するかが悩みどころでしたが、今回は64GBに増量されているので、テストのためにベンチマークやゲーム等を色々とインストールしたりして遊んでましたが容量面で不安になることはありませんでした。

前モデルは日常的な利用でもeMMCの容量を気にしながら容量を切り詰めて使う必要がありましたが、64GBあればその必要もないため、PC初心者にもお勧めできる機種になりました。

 

・非力ですが日常的な利用は意外と快適かも

CPUパワーは非力なATOMプロセッサですので、Adobeのソフトなど重たい画像編集ソフトや動画編集、ゲームなどには向きませんが、RAMに4GB積んでいるのでSNSサイトのチェックや動画配信サービスでの動画鑑賞などはまったく問題なく利用でき、この辺の日常利用ではストレスなく快適に利用できます。

そしてこの機種は10.1インチ液晶なのでOfficeMobileが無償で利用できたりします。

・オンラインゲームなどは?

比較的軽いゲームとして「マビノギ」をプレイしてインストールしてみましたが、やや重い部分はあるものの、チュートリアルまで進めてみたところ特にゲームには支障なくプレイできました。ただ本編に入ると表示されるキャラクタなども増えると思われるので厳しいシーンも多く出てきそうです。

 

・改良されたキーボード

前モデルではキー配置があまり良くなくとても使いやすいとは言えないキーボードでしたが、今回のモデルは改良されておりかなり入力がしやすくなっています。

キーも若干大き目になっていてSNSへの投稿などの短文の入力をする範囲では特にストレスは感じませんでした。

ただ、タイプ中にタッチパッド部に手が触れてしまい思わぬ動作をしてしまう事があるので、キーボードを使うときはタッチパッドをオフにして外付けのマウスやタッチスクリーンで操作するようにしたほうが良さそうです。

 

・バッテリーの持ちは?

動画鑑賞など比較的負荷のかかった状態でも5時間程度は使えそうです。普通に使う分にはバッテリーはあまり気にしなくても良さそうです。またUSB給電に対応しているのでモバイルバッテリーを併用して使うこともできます。

 

・ちょっと気になるヒンジ部

最近のノートPCは液晶がほぼ180度に近い角度まで開くものもありますが、こちらの場合は机に置いて使いやすい角度までは開きますが180度に近いところまで開くことはできないので膝の上において使う場合や、床に寝転がって使うときはどはもうちょっと開いた方が使いやすいなぁ・・・と感じました。

 

・拡張性は・・・・・

まず、タブレット本体にはUSB端子はマイクロUSB端子が1つあるだけですのでタブレットとしての拡張性はかなり厳しいものがありますが低価格機ですから仕方ないところでしょうけど・・・せめてUSB端子はTypeCにしてもらいたかったものです。

そしてキーボード側には左右側面にそれぞれUSB2.0ポートが1つずつあります。ちょっとした周辺機器の接続には便利ですが、できればもう1ポート欲しかったところですね。

 

・総合的には・・・

ちょっと気になる点はありますが、2万円で買えるタブレットでありながら、かなり実用的に使えるスペックに仕上がっており、非常にコストパフォーマンスの高い端末と言えます。

前モデルに関してはお勧めできるかと言われたら答えは「ノー」でしたが、今回の機種は軽い使い方であればお勧めできる機種だと思います。

【最近買った物】ドンキホーテ 2in1Windowsタブレット ジブン専用PC&タブレット U1

発売から数ヶ月経ちますが・・・発売当初からちょっと気になっていたドンキホーテの「ジブン専用PC&タブレット U1」を購入しちゃいました。

 

・どんなパソコン??

10インチ液晶を搭載したタブレットとしても使える2in1タイプのもので、付属のキーボードドックを装着すればノートパソコンのようにつかえるWindows10タブレットです。

価格が19800円(税別)と非常に安く、その割には性能も実用的でより使いやすくなっています。

 

・昨年のモデルと比べてどうなの?

まず、一番大きいのは2018年発売のモデルはeMMCの容量が32GBであった事に対し、64GBになった事ですね。32GBだと大きめのソフトを入れたり大規模なWindowsアップデートでアップデートに苦労したりする事が多々ありますが、64GBあれば容量的な問題は解消されます。前モデルまではこの問題からパソコン初心者にはお勧めできないモデルでしたが、今回もモデルであればライトユーザーであれば初心者にもお勧めできる仕様に仕上がっています。

CPUやメモリは昨年のモデルから変更はありません。CPUはAtom Z8350とちょっと非力ではありますが、メモリが4GB搭載されているので、オフィスアプリや動画サイトの鑑賞などの用途には充分使えるスペックです。

 

・他にも細かな変更点が・・・

パット見た目は昨年モデルと同じもののように見えますが細かく改良が加えられているようです。個人的にはキーボードが非常に良くなっているように感じます。前のキーボードはキーの配置の問題からあまり使いやすいものではありませんでしたが、今回のモデルはかなり使いやすくなっています。

他にマイクロSDスロットが旧機種ではSIMピンを使って取り出すトレイ式のものでしたが今回は通常のスロットに変更されています。何故かSIMスロットの位置がキーボードドック装着時には隠れる場所になってしまってるのが詰めが甘いところでしょう(笑)

あとは電源コネクタでしたが、前回の機種ではUSB TypeCポートによる給電でしたが、今回は専用ACアダプタが付属しています。そしてUSB TypeCポートが何故かマイクロUSBへと退化してますが、マイクロUSBでの給電にも対応しているのでモバイルバッテリーでの充電も問題ありません。

ACアダプタの定格は5V2.5Aですので、USB給電と大差ないような気もしますが、どうなんでしょうか?

 

他にもヒンジ部のデザインも変更されており、その辺も細かく改良されているようです。

 

・バッテリーの持ちは?

バッテリーは5000mAhのものを搭載しており、計測はしてませんが通常の使い方で5時間前後は使えそうです。個人的には充分すぎる持ちだとは思います。

ごろ寝しながら動画鑑賞でもこれだけ持てば充分だと思いますし、外で使うにしても1日程度であれば充分な容量ではないでしょうか?

 

・動作速度、使い勝手は?

CPUがAtomプロセッサと非力なものであるので、重ためのゲームや画像編集ソフトは厳しいですが、メモリが4GB搭載されているかブラウザの利用やOfficeアプリの利用はそこそこ快適に利用できます。

また、キーボードドック側のUSB2.0の端子が2つあるのでちょっとした周辺機器の接続はできます。個人的にはもう1つくらい欲しかったことろですが・・・

 

・感想

しかし、2019年モデルでもAtomプロセッサ搭載とはびっくりしました。3年前に新規開発が終了してるプロセッサですが、今でも生産しているのでしょうか?

時期モデルあたりはCPU高速化を期待したりしてますが・・・

【最近買った物】メーカー・型番不明 アップライト筐体型108in1ゲーム機

今回購入したものは「ドンキホーテ」で1780円(税別)で買ったアップライト筐体のミニチュアタイプの108in1ゲーム機です。

見た目が某大手メーカーの筐体にそっくりなので買ってしまいました。

パッケージも中華っぽい印象はないので、恐らく国内の業者がパッケージやマニュアルを作成して売ってるのではないかな・・・と思います。

 

 

 

・開梱してみる!

まず、パッケージのほうですが、メーカー名や連作先、型番の表記が見当たりません(笑)

説明書はA4サイズ8ページのものが付属しており、簡単な取り扱い説明とゲームの紹介が7ページに渡り書かれています。

電池は単三電池3本という中華ではよくありがちな中途半端な本数。

コントローラーはプラスチックのレバー+2ボタン、小さなボタンでリセット・スタート・音量が並んでいます。

 

・肝心のゲームは?

中身のに関しては中華臭バリバリの簡素なゲームが108本入っています。下手したら8bitパソコンのBASICでも作れそうなゲームも多くあります。

説明書の小さな画面写真ではちょっと見覚えのあるゲームっぽいものもありましたが、中身は全くの別物で市販ゲームのキャラ替え等、著作権的にアウトっぽいものでは見当たりませんでしたが遊べそうなものは・・・というとちょっと「?」です。

またコントローラーはレバーになっているため操作性はあまり良くなく思ったように動かせないことも多々あります。

 

・感想

外観が某アーケード筐体っぽいので買いましたが、確かにおもちゃっぽいですが、雰囲気はありますので、ゲームとして遊べるかと言うとちょっと厳しいですが、部屋のインテリア代わりにはいいかもしれません。

【ジャンクパソコン】ジャンクで購入したノートパソコンのHDDをSSDに換装してみました。

先日購入したジャンクのノートパソコン、フロンティアのFRNP707ですが、内蔵ドライブがHDDという事もありどうもOSやアプリの起動速度が遅いのが気になってます。

 

そして、何気なくAmazonSSDを検索してみると256GBのSSDが3千円前後からあるではないですか!

 しかし、3000円前後のものは聞いたこともないメーカーのものが多くレビューを見ると高評価も多い反面、すぐに使えなくなったというレビューもいくつか見受けられたため、旧モデルではありますが3380円で販売されていたシリコンパワー製のものを購入しました。

 

・換装作業自体は簡単でした。

フロンティアのFRNP707は裏蓋から簡単にハードディスクにアクセスできるタイプですので、交換自体は慣れている人なら5分もあれば出来てしまうレベルです。ただ、すべてのノートPCが簡単にHDDにアクセスできるとは限らないので、換装用のSSDを購入する前に一度下調べをしておいたほうが良いでしょう。

 

・OSのインストール

OSは標準はWindows7でしたが、換装前にWindows10にアップグレードをかけて問題なく動作していたので、とりあえずWindows10をクリーンインストールしてみることにしました。

まず、インストールメディアを用意しますが、マイクロソフトのサイトから「Windows10メディア作成ツール」というものがダウンロードできますので、それを使用しインストールメディアを作成できます。今回は手元にあったSDカードでインストールメディアを作成しましたが、他にDVD-RやUSBメモリでも作成可能です。

 

メディア作成後、SSD換装作業の済んだノートPCでインストール作業を行います。今回は一度Windows10をインストールしていますので、途中でプロダクトIDの入力が求められますが、それはスキップして問題ありません。

インストール完了後、自動的にデジタルライセンス認証が行われていました。

 

・インストール後の動作テスト!

OS自体の起動やブラウザ等の起動など、ディスクアクセスを伴う動作の速度が明らかに向上しています。今回のノートPCはSATAが3Gbpsまでしか対応していませんが、それでも、交換前は遅くてストレスが多かったのですが、換装して快適に使えるようになりました。

 

・そして次回予告・・・

f:id:tomomik452:20190724122436p:plain

気付くとこんなものをポチっていました。こちらに関しては正常に動作するかはわかりませんが・・・ちょっとした賭けです(笑)

IOデータのサイトからメモリの互換性情報を見ると最大メモリ容量が4GBとなっていましたが、こちらのPCで使用されているマザーボード、Pegatron H36Yで調べてみると最大8GBとなっています。

既に2GBのメモリが2枚セットされており空きスロットがないので4GB×2枚で増設するのが良さそうです・・・。

そして、メモリの価格を調べてみると約3000円。これは試してみるしかない・・・とポチってしまいました(笑)

 

 

【2019.7.26追記】次回予告の中止のお知らせ(爆)

次回予告で書いたメモリについてですが、結論から言うと動作しませんでした(笑)

BIOS上では認識しておりますが、OSを起動するとブルースクリーンが出て起動できませんでした。

調べてみると4Gbitのチップを搭載したメモリは第一世代のi7では不具合が起きやすいようで、2Gbitのチップを搭載したメモリのほうがトラブルが起きにくいようです。

色々と調べてみた限りでは今回の症状はそれが原因のようです。

そのままメモリを元に戻したところ正常に起動しました。

【ラジオ】中古BCLラジオ TECSUN PL-380を購入しました。

今回、ハードオフにて以前から気になっていたTECSUNのBCLラジオ入門機、PL-380が2500円で売られていたので買ってしまいました。

 

・TECSUNとは・・・

中国のオーディオメーカーで日本ではAmazon等のネット通販でよく見かけるメーカーです。中国メーカーと言うとどうしてもマイナスのイメージがつきまといますが、このメーカーのラジオの性能には定評があり、日本国内でも高い評価を得てます。

特に高感度が売りのBCLラジオでは5000円前後の入門機から4万円近くする通信機タイプの高級機まで幅広いラインナップがあります。

またネット通販以外でも国内メーカーではオーム電機AIWA(十和田オーディオ)が同社のラジオをOEM販売しているようです。

 

・今回のPL-380とは・・・

PL-380は遠距離受信を楽しむためのBCLラジオとしての入門機となります。

 

 商品リンクをご覧いただくとわかりますが、ラジオにしてはボタンの数が多く非常に多機能なので機械モノに弱い方にはまず敬遠されると思います(笑)

受信可能なバンドはAM/FM/短波/長波で一般的なラジオ放送なすべて網羅されております。

スピーカーはモノラルですがヘッドホンや外部スピーカーを接続すればFM放送はステレオで受信できます。

 

・クリアな受信感度

各バンドとも高い受信能力を持っています。一般のラジオではノイズが多く聞き取るのが困難な放送局も受信可能になっています。

同様のラジオはELPAのER-C56Fも持っていますが受信感度に関しては同等ですが、AMと短波に関しては受信帯域を調整する機能を持ってます。受信帯域を狭くすることで音質は犠牲になりますがノイズが大幅に軽減することができます。ER-C56Fでも同等の機能はありますが、2段階の調整のみですが、こちらは5段階に調整が可能で、帯域が最も広い状態ではノイズで聞き取りにくい局でも帯域を絞ることでかなり聞き取りやすくなりました。

 

・操作性は・・・

まず、本体左側面のチューニングダイヤル。こちらは慣れが必要ですが、操作性は良好ですが、1局スキャンがなく、スキャン機能は各バンドの全帯域の自動スキャンが操作性に非常に癖のあるオートブラウズ機能しかないのが難点です。

またBCLラジオだけあってメモリ機能は豊富です。

ただマニュアルを読まないと正直使いこなすことは難しいかもしれません(笑)

 

・電源は・・・

電源は単三電池3本もしくはUSB給電で使用できます。

単三電池は3本と中途半端な本数なのが困りどころですが、市販のニッケル水素電池などをセットするとUSB給電で充電することもできます。

これはちょっと便利かもしれませんね。

 

・総評

受信性能は申し分ないレベルですが、操作性あまり良くないのが欠点といえるかもしれません。機能的には素晴らしいのですが、この点はもう少し頑張ってもらいたいところですかね。

 

【ジャンクPC】フロンティア ノートパソコン FRNP707

今回、ハードオフcore i7-m620搭載のノートパソコンがジャンクでそこそこ安い価格で売られていましたので衝動買いしてきました。

こちらのパソコン、CPU以外のスペックはRAM4GB、HDD320GB、DVD±RWドライブが搭載されており、液晶は15.6インチでフルHDではなく1366*768と解像度はやや低めでした。OSはWindows7 HomePremiumが搭載さてていました。

また、メモリは確認してみると標準2GBに対してプラス2GB増設されているようで、2GBのメモリが2枚刺さっていました。

 

ジャンクの理由は2点ありまして、まずバッテリーNG。こちらはモバイル用途で使わない予定だから良しとします。あとはリカバリ直後の状態でWindowsUpdateがうまく当たらないという点です。

 

・外観のインターフェイス類の確認

ちょっと古いPCのようで、最近のパソコンでは見かけない懐かしいI/Fも搭載されています。右側面にはVGA端子、eSATA端子があり、他に ExpressCardのスロットもありました。いずれも最近ではあまり見かけない端子たちですね。

その他に一般的な端子は有線LANポート、HDMI端子、イヤホン・マイク端子。USBポートは2.0のものが3ポート搭載ありました。3.0には非対応のようです。

・とりあえず動作確認

まずACアダプタを接続して起動。HDDということもあり起動はやや遅いですが問題なく起動しました。まずWiFiを接続しようとしますが、WiFiアイコンの付いたボタンを押してみましたがWiFiが有効になりません。長押ししたり色々しても動作は変わらず。 

WiFiダメなのか・・・・!と思っていたところでキーボード上にもWiFiアイコンが。Fn+F2を押してみたところ無事にWiFiがオンになりました。

どうやらボタンだと思ったのはただのLEDのようでした。ボタンになっており、押したときにクリック感もあったのですがただのLEDでした(笑)

そして自宅WiFiに繋ぎ基本的な動作確認を行い問題なさそうでしたので良しとします(笑)

 

・OSアップデートをかけてみる。

店員さんがWindows7のアップデートがうまく当たらないと言っていたので面倒くさいのでWindows10をインストールしてみました。

マイクロソフトのWebサイトからWindows10メディア作成ツールをダウンロードしてそのままインストールを実行します。何かあってもリカバリDVDが付属してますので大丈夫です(笑)

こちらのほうは拍子抜けするほどあっさりとWindows10へのアップデートが完了してしまいました。

 

・HDDの状態チェックを忘れてました・・・

HDDは一見正常に動いていてもS.M.A.R.Tエラーが出ている可能性もあるので念のためCrystalDiskInfoを使って確認してみたところ、問題はなさそうでした。

 

・後々拡張してみるのも手かな・・・?

もちろんジャンクPCにお金をかけるのもアレですけれど、ある程度快適に使えるようにするために、まずボトルネックになっていると考えられるHDDをSSDに換装。これを最初にやるべきではないかと感じます。

あとはメモリ増設・・・と思ったのですがI/OデータのWebサイトを見ると上限は4GBとなっていました。あくまでもメーカーが保証する容量の表示で実際はもっと増設できる可能性もありますが、メモリを購入してまで試す価値はないと思いますのでそのまま使うことにしますか・・・。

 

・とりあえず触ってみた感想

とりあえず、OSの起動やアプリケーションの起動などの動作がとにかく重いです。SSDの環境に慣れてしまってるせいもあるのかもしれませんが、やはりストレスは感じます。2010年発売のちょっと古いPCなので仕方ないところかもしれませんが。

しかし、起動してしまえば動作に対するストレスはあまり感じないので軽い作業やネットや動画閲覧用であれば充分すぎるスペックを持ってると思うですがねぇ・・・。