読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【最近買ったもの】GPD Winをしばらく使ってみた感想・・。 その3?

何回かに渡ってGPD Winの良いところを書いてきましたが・・中国メーカー製でしかもクラウドファンディングで生まれた製品です。当然怪しげな点もたくさんあります(笑)

 

1.Windows10ライセンスの黒い噂?

 最近のWindowsマシンはハードウェアにライセンス情報が書き込まれている状態ですので、プレインストールのOSを使用する分にはプロダクトIDを入力する必要がないのですが、GPD Winの場合はパッケージにWindowsのプロダクトIDが添付されていますが、そちらがマイクロソフトが発行したものではなく独自のものが添付されてます。

自分の環境では問題なくライセンス認証は通りましたが通らなかった人もいるとの噂。

逆にマイクロソフトに問い合わせたところ正規ライセンスだと言われたという話もあるらしいですし、その辺の真相はどうなんでしょうねぇ・・・。

 

2.基本的に英語版での提供

日本で販売されている分に関しても日本語環境にローカライズはされていません。

英語版OSですが、最初のセットアップを済ませて言語設定を変えれば日本語環境になるので実用上問題はありませんが注意が必要です。

あとはキーボードが英語版に準拠しているので一般的なJIS配列のキーボードと一部記号類の配置が異なる点は要注意です。

 

3.ファンが手動調整

この機種は元々ファンレスで設計してあったものにファンを追加していたため、怪しげな点がいくつかあります。

まず一見ステレオスピーカーに見える部分がありますが、左側はスピーカーではなくファンの排気口になってます。元々はステレオスピーカーを搭載しているものをモノラルに変更しその代わりにファンを追加したようです。

また通常ファンは自動で動作しますがこの機種は背面にスイッチがあります。オン・弱・強の3段階で強にするとかなり音が気になるレベルになります。

私が使用している範囲ではオフでも今の所問題発生はしていませんが、負荷のかかる状態で長時間使用したり暑い場所での長時間利用などをすると問題が出るのかもしれませんね。

 

4.付属品が怪しげなロットもあるらしい

私の購入したものはそのような事はありませんでしたが、付属のUSBケーブルを使用して給電しながら使用すると天板と干渉して液晶が開ける角度が制約されてくるものやApple製品のコピーじゃないのかと思わせるようなイヤホンが付属してきたという話もあります。

ちなみに私の購入した製品に付属していたものは低音が若干強すぎますがそこそこちゃんとした音がするものでした。

 

 

今の所言えるのはGPD Winを購入する場合は信頼できる業者から購入することですね。中には劣悪な環境で長期間保管されていたのか、パッケージにカビが確認されたりつぶれた跡などのダメージを受けた製品が送られてきたという報告もあります。

私の購入したショップはAmazonマーケットプレイスで出品してる「セイカツスタイル」という業者から購入しましたが、こちらから購入したものは全く問題ありませんでした。他については自分も詳しい事情を知ってる訳ではないので明言は避けたいと思います。

 

ちなみにGPD社の日本公式サイトでは正規代理店としてはYahooショッピングに出店している「ペガサスセール」さんと大阪のPCショップの「PCワンズ」さんの2社が掲載されています。

【最近買ったもの】GPD Winを5日間使ってみた感想・・。 その2

そして、前回の記事で書き忘れたバッテリーのお話です。

 

搭載されてるバッテリーは6700mAhでカタログスペックでは6~8時間となっております。自分が試した範囲では動画のストリーミング再生で6.5時間くらいは再生できています。液晶の輝度は50%でテストを行いましたが、これを最小にすれば公称値通りの8時間行けるのでは・・・とか思ってしまいます。

 

更に電源供給はUSB TypeCによる給電に対応しており、更なる長時間駆動が必要になる場合はモバイルバッテリーと組み合わせて使うという手もあります。

充分な容量を持った20000mAhクラスのモバイルバッテリーを用意すると・・・・PC本体よりバッテリーのほうが重くなってしまいますが(笑)

 

これだけ小型軽量設計なのにバッテリーは犠牲にせず長時間駆動。素晴らしいですね。

【最近買ったもの】GPD Winを5日間使ってみた感想・・。

5.5インチ液晶を搭載したポータブルゲーム機並のサイズのWindows10パソコン、GPD Winを購入し5日ほど弄り倒してみた感想をちょっと書いてみようと思います。

 

まず結論から言うと「素晴らしい」の一言に尽きます。

いままで色んな超小型PCを使ってきましたが、ほとんどのものは非常に使いにくく、制約も多い場合が殆どですが、このGPD Winを使ってみての感想は超小型PCなのに制約が少なく想像以上に使える子でした。

 

まず、画面に関しては少し離れると細かい文字は見えないですが、WebブラウザやSNS関係の専用クライアント、オフィスソフトを使う限りでは困ることはあまりありません。

解像度は1280*720と今時のPCにしては控えめに見えますが5.5インチで使うのにはちょうどいいサイズです。また縦が720ピクセルですと画面の一部が途切れて操作ができないような事はないのは有り難いです。

(他の低価格Windows10ダブレットで縦が600ピクセルしかない機種では画面の一部が途切れて困るような事が何度かありました)

 

処理速度に関してはAtom X7-Z8750を搭載しているので、モバイルPCとしての充分な処理速度を備えており、ネット端末として利用する分には申し分ない速度が出ています。また軽めの3Dゲームであればなんとか実用になる範囲で動作しますし、2Dゲームや古いゲーム機のエミュレーターなどはまったく問題ないレベルで動作します。

ゲーム以外ではWORDやEXCELなどのオフィスアプリでテキスト中心のデータの編集では全く問題ありませんでした。あまりにも軽快なので試しにAdobePhotoshopLightroomを入れてみましたが、こちらは軽快とは言えませんがなんとか実用に耐えうるレベルの速度で動作しました。

ただ5.5インチの画面で画像編集や調整をしたいとは思いませんがね(笑)

最新・最上位のAtomプロセッサに4GBのRAMを搭載しているので、ちょっと重たいソフトでもなんとかなっちゃいます。これは正直驚きました。

 

そして、このPCの最大の特徴のゲームパッド部ですが・・・。物理的なボタンの押し心地や配置は申し分ないのですが、残念なのはマウスモードの使い心地です。

両手で持って使う分にはそこそこ使いやすいのですが、机の上に置いて使う場合はクリックが背面のL/Rボタンになってますので非常に使いにくいです。またマウスモード時のボタンのアサイン変更ができないのも辛いところです。

そこでお勧めするのがController Companionというソフトです。Stermで販売されている有料ソフトですが、ゲームパッドをマウス・キーボードに割り当てて操作できるソフトです。こちらを使えば比較的簡単な操作でマウスやキーボードに割り当てることができます。例えば、左スティックをマウスカーソルの操作、右スティックをスクロール(ホイールと同等の動作)、十字キーをカーソルキーに割り当てて使える他、スタート・セレクト同時押しで動作解除・再開ができたりと、非常に快適です。

 

そして注意が必要なのはモード切替。DirectInputとXinput、そしてマウスモードの切り替えがスイッチで行えますが、ゲームをプレイする場合はゲームを起動してからモードを切り替えるとゲームパッドが認識されないことがあるようなので、起動する前に変更しておく必要があります。

 

そしてキーボードですが・・・正直なところ、長文の入力などは無理です。

とりあえず付いてますがツイッターなどの短文の入力やアカウント情報の入力などの入力には非常に役に立ちます。仮想キーボードと違って入力に関する制約も少ないため仮想キーボードよりはマシかな?といったレベルです。特にボタンが小さすぎて隣り合ったボタンまで間違えて一緒に押してしまうということは多々ありました。

この配置、もう一工夫してくれれば使いやすくなったと思うんですけどねぇ・・・。

 

しかし、両手で握って快適に操作できて、しかも軽量なので長時間操作してもあまり疲れないのは素晴らしいです。外ではもちろんですが、家の中で寝転がりながらPCがいじれるというのは有り難いです。

 

【雑記】GDP Winが届きました!

超小型PC GDP Winが届きましたので2時間触ってみての感想

 

【基本は英語版のPCです】

電源を入れて最初の設定画面はすべて英語表記になっています。とはいってもそれほど難しい英語ではないですので、問題はありません。

また言語選択で日本語を選択すれば普通に日本語環境になるので問題はありません。

ただ注意が必要なのはキーボードは英語版キーボードになりますので、一部記号関係が日本語キーボードと異なる配置になるので要注意です。

 

【マウスモード】

ゲームパッド部はスイッチ切り替えでマウスとしても使用できます。

ただキーアサインの変更は不可で右アナログスティックでマウスカーソルの移動、左スティックでホイール動作、クリックはL/Rボタンです。またABXYボタンはカーソルキーとして割り当てられてます・・・。このアサインは変更できないようです。

つまり、机に置いた状態だとL/Rボタンに割り当てられているクリックは操作しにくいのが難点です。

Joy2Key等を使えばなんとかなりそうなので、これは後日の課題ということでw

 

【ファン】

ファンは手動でスイッチによる切り替えです。通常使用ではオフでも問題なさそうですが・・・。

 

コネクタ関係】

すべてのコネクタは背面に集中してます。目一杯開いた状態でも干渉しない設計にはなっているようですが、コネクタの形状によっては干渉しそうなので、ケーブルを接続した状態で使用する場合は干渉しないか確認しながら開いたほうが良さそうです。

 

【キーボード】

とりあえず短文の入力程度であれば問題ありませんが、長文の入力はちょっと辛そうですね。ボタンが小さいので隣のキーまで一緒に押してしまうことも多々あります。

 

【タッチパネル】

サイズが小さい割に解像度があるので、細かい操作は特に厳しそうです。

 

【処理速度】

同じCPUを使った10インチタブのLenovo Miix310より1割程度ベンチマーク結果が優秀です。基本構成は似たり寄ったりですが、小型だからといってその辺の制約は問題なさそうです。

 

 

まぁ、気になってみたところを書いてみましたが・・・・素晴らしいマシンです。

細かいところでツメが甘い気もしますが、想像以上に実用的で使いやすいです。

レビュー記事は後日改めて書いてみたいと思います。

【今日ポチったもの】GPD社 超小型モバイルPC GPD Win

今回ポチったものは中国のGPD社というところから発売されているGPD Winという超小型PCです。まだ製品は届いてないのでレビューではなく簡単にご紹介まで・・・

 

このパソコンの紹介を簡単にすると・・・任天堂3DS LLくらいの大きさのWindows10パソコンです(笑)

価格も4~5万円と低価格でスペックもモバイルPCとしてはなかなかの高性能です。

 

まず、CPUはIntelAtom X7-Z8750が搭載されています。それに加えて4GBのRAMが搭載されているので、そこそこ重たいアプリもなんとか動作してくれそうです。

画面は5.5インチ1280*720という解像度ですので、高解像度の画面が必須になるようなものは厳しいですね。

また、キーボードやマウス機能を兼ねたゲームパッドも搭載されているので、タブレットと異なり、マウスやキーボードを前提とした一般のソフトなども問題なく使えそうです。

 

バッテリーは6時間程度持つバッテリーが搭載されており、更に給電はUSB TypeCになっているため、一般的なモバイルバッテリーを使って稼働させることも可能なようです。ここはモバイル機としては有り難いポイントなんですよね。

自分がサブ機として使っている10インチの2in1タイプのPCは専用ACアダプタ専用なので、モバイル用途で長時間使うときは電源が心配ですし、持ち出す前は必ずフル充電にしておかないと外出先での充電は限られたところでしかできないので不便ですが、USB給電対応であればうっかり充電を忘れていてもUSBならケーブルさえあれば充電に困ることはありませんからね。

 

USBといえばもうひとつ嬉しいポイントが。こちらはUSB3.0の標準タイプのコネクタが付いています。通常小型PCですとマイクロUSB等になっており、地味に困ることも多いのですが、1ポートだけですがUSBポートがついてるのは非常にありがたいです。

特に7インチクラスのタブレット機だと給電と周辺機器の接続兼用のマイクロUSBポートが1つしかなく給電しながらUSB機器が使えないという問題もよくありますので非常にありがたい仕様です。

他にコネクタ類はミニHDMIコネクタとマイクロSDカードスロットが付いてます。

 

この手の製品って、なかなか大手メーカーでは出ないんですよねぇ。1kgを大きく切って普通のパソコンと同じOSで使えるものは富士通からLOOX UやVAIO Pシリーズが出てましたが、こちらもとっくの昔に生産完了してますし、2011年にはちょっと大きめの携帯電話というサイズでF-07Cというのも出てましたがこれはちょっと実用面で怪しい端末でしたからね・・・(笑)

そういや、シャープもWillcom専売モデルですがD4という超小型PCを出してましたね。

更に古いものになると東芝のリブレット等もありました。

 

この手のPCは発売されて話題になりますが、すぐに生産完了になってしまうことが多いんですよね・・。

 

 

【おまけ】

いままで私が手を出した超小型PCたち

東芝 リブレット20(Win95) HDD270GBでOffice入れるだけで一苦労。

ASUS EeePC 4G-X (WinXP) XP搭載ながら4GBのCドライブに泣かされました

工人舎 SCシリーズ(WinXP) HDDが遅いのが欠点ですが、そこそこいいマシン。

富士通 LOOX UG90(Win7) SDDが32GBと少なめでしたが意外と使える子でした。

富士通 F-07C(Win7) 完全にネタ以外に使い道がなかったです(笑)

 

【カセットテープ紹介】薦田紙工業 カセットテープ 60分

最近、自分が愛用してるカセットテープを紹介したいと思います。

薦田紙工業というメーカーのカセットテープです。主に100円ショップ「キャンドゥ」やあとは何故かビックカメラで売られているカセットテープです。

100円ショップでも販売されている商品なので当然価格は100円です。

以前は2本パックで100円だったそうですが、現在は1本100円となっております。

 

自分の生活圏で多くある「セリア」ではあまり売られてなく、置いてあるお店は限られていますが、現行で生産されているようです。

 

f:id:tomomik452:20170215012048p:plain

この外観・・・素敵です。まるで1980年代前半のようなデザインです。自分は好きです。そしてよく見るとハーフを止めているビスがちゃんと5本使われてます。最近は省略されて4本のものが多いので好感が持てます。

これは音質にも影響を与えます。カセットテープのハーフがしっかりしていると、テープの振動などが抑えられるからです。

f:id:tomomik452:20140101000038j:plain

そしてカセットの窓が大きくデザインされている古いカセットデッキに装てんすると非常に似合います!

 

そして品質面ですが、かなりの本数に録音しましたが、品質が安定しており安心して録音できます。音質に関しては高音域なんかはマクセルURと比較するとちょっと出てないようにも感じますがこれに慣れてしまえば気にならないレベルです。

またテープ特有の無音部の「シャーーー」と鳴るノイズも少なくNRオフでもそこそこ使えます。ただ録音レベルに対して出力はやや低めのようです。

ラインナップは20分~90分までラインナップされてますが、特に質の悪い製品が多い90分に関しても品質は良好で安心して使えます。

90分に関してはマクセルULあたりより安心して使えるかもしれません。

(※90分テープはテープ自体の厚さが薄くなるため、品質が悪くなる傾向があります)

 

また磁性体の色は現在生産されているテープの中では僅かに濃い色をしてるおり、マクセルUR、ダイソーで売られてるテープで比較しても一番濃い色をしてましたので、磁性体の密度も高いのかもしれません。(一般的に濃い色をしたテープ(黒っぽい色)は品質が良く、薄い色(茶色)のテープは品質が悪いです)

 

また品質が安定している為か、NRシステムとの相性も良く、dbxノイズリダクションと組み合わせると「本当に100円のテープの音か?」と思えるほどの音がします。

 

現在入手できるカセットテープで品質が安定してるものはこのテープ以外にはマクセルのUR・UL。あとは取り扱い店舗が少ないですがナガオカのCCもお勧めできます。

逆にお勧めできないのはダイソーで売られているテープの一部。裏面を見ると製造元が「日立マクセル」と小さく書かれているのは中身はULそものもなのでお勧めできますがそれ以外のテープは本当に酷いことになっています。

また同じ100円ショップで売られてるものではセリア系列で売られてるのはマクセルULそのものですので、品質は安定してます。

 

そして話は戻りますが、この薦田紙工業のテープ、自分の行動範囲で売ってるお店が少ないので売ってるお店をみかけたときは多めに買いだめしておきます。60分と90分テープ合計で現在30本近いストックがあります(笑)

 

【雑談】久々にコスプレイヤーさんたちを撮影してみた。

今回、宇都宮市で開催されている「とちてれ アニメフェスタ」の日がたまたま休みでしたので、突発的に行ってきました。

 

今回は軽量な機材で撮影してみようということで、撮影に使用した機器はカメラ3台+レンズ3台です(笑)

カメラ3台がどこが軽量機材なんだと言われそうですが・・・昨年の海楽フェスタのときの機材と比べたら軽量なんですよ・・・・w

 

軽く機材紹介をすると

メイン撮影機材

 ・ボディー SONY α7Ⅱ

 ・マウントアダプター(無名メーカー製)

 ・サムヤン 85mmF1.4

サブ機材

  ・ボディー SONY α7

 ・マウントアダプター(Commlite 電子接点変換つき)

 ・Canon EF135mmF2.0L

広角撮影用

 ・ボディー Canon EOS 6D

 ・タムロン 28-75mmF2.8

 

今回はストロボ等のライティング機材は使用せず自然光のみで撮影しました。

 

メイン機材は85mmF1.4のMFレンズ、中国メーカー製ですが約3万円という実売価格でありながら明るく大口径なのでそこそこ使える子だったりします。

この写真ではすぐ後ろがビルのガラス窓ですが、これだけボケてくれると背景が気になりません。

画角は85mmと慣れは必要ですが、慣れてしまえばポートレート撮影には使いやすいレンズだとは思います。f:id:tomomik452:20170505162301j:plain

 

こちらはCanonの135mmF2.0Lでの撮影です。流石Lレンズですね。

今回はマウントアダプタを使用しているのでMFレンズとして使っていました。

f:id:tomomik452:20170505154728j:plain

 

最後にタムロンの28-75mmF2.8。約55mmで撮影しました。こちらはスペースと構図の関係で85mmでは厳しかった為こちらを使いました。絞りはF4.5とやや絞っていることもあって流石に背景が気になります。広角になればなるほど背景が広く入ってしまうのでイベント等でのレイヤーさんの撮影には向かないのかもしれませんね。

f:id:tomomik452:20170505154523j:plain

 

今回は最後に紹介したタムロンのズームレンズでは数枚程度しか撮影してなく、ほとんどの写真は135mmと85mmの2本で撮影しましたが・・・・画角の面でも想像以上に使いやすく非常に使いやすかったです。次回、アニメイベントでレイヤーさんを撮る機会があれば50 85 135の単玉3本でもいいかもしれませんね。

 

【今回使用した機材】

 

 

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 6Dボディ EOS6D

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 6Dボディ EOS6D