【ジャンクオーディオ】パナソニック CDラジカセ RX-DT7

いわゆるバブルラジカセの音が聴きたくなって、押し入れからPanasonicのCDラジカセ、RX-DT7を引っ張り出して音を鳴らしみました。

 

1989年発売のモデルで当時の中級機です。パナのバブルラジカセというとコブラトップを連想する人も多いとは思いますが、まだコブラトップ登場前のモデルになって、外観は当時のCDラジカセとしてはオーソドックスなものでしょう。

 

では、軽くこのラジカセの特徴を紹介してみます。

 

・アンプ/スピーカー部

スピーカーはウーファー 10cmとミッドレンジ7cmのラジカセとしては口径の大きなスピーカーが2Way構成で搭載されています。この2Wayスピーカーはウーファー7.5W+ミッドレンジ2.5Wのバイアンプ駆動になっています。

この当時は「重低音」というのが流行のキーワードのひとつで、このラジカセでもS-XBSという重低音システムが搭載されています。こちらの機能はスイッチによるON/OFFのほかボリューム調整が可能になっています。

こちらの重低音は不自然な低音の強調ではなく、非常に迫力のあるサウンドを奏でてくれ、S-XBSを最大にしても音が不自然な音になることはありませんでした。

 

・CD部

CDラジカセとしてはオーソドックスな筐体上部についた一般的な形状のものです。

CD→テープダビング時はCD全体の音量をスキャンして録音レベルを自動調整してくれる機能の他、テープの長さに合わせてできるだけ綺麗に収まるように自動的に曲順を調整してくれる機能などもあるようです。

 

カセットデッキ

電子制御タイプのWカセットになっています。このデッキの特徴はメタルテープとドルビーNRの録再対応です。通常ラジカセですとメタルテープは再生のみのものが多く、ドルビーNRも再生のみ対応というものが多いなか、非常に高機能になっています。

また、ハイポジ・メタルテープは自動検出になっています。

もちろん、オートリバースは録再ともに対応になっています。

私の所有している個体はカセットデッキが故障しているため、カセットは外部入力端子に別のデッキを接続しています。

 

・チューナー部

チューナー部はFM/AMの他にテレビ放送のVHF/UHFの4バンド対応の電子チューナーが搭載されています。感度としては特段良くはなく標準的な感度だと思います。

当時はラジカセではアナログチューニング方式のものが主流で当時としてはかなり先進的なものだったと思います。

また、当時のラジカセではTV放送の受信ができる機種でも音声はモノラルのみになっていますが、こちらの機種はステレオ放送や音声多重放送にも対応できるようでした。

当時はテレビ自体もステレオに対応していたものは高価なものばかりでしたので、テレビの音楽番組の録音に活用した人も多かったのではないでしょうか?

 

・外部入出力

本体背面にRCAピンジャックによるAUX入力のほか、CD音声の出力端子があります。出力がCD音声のみ対応してるのはちょっと謎仕様ですが、外部入力がピン端子になっているのは当時としては非常に使い勝手が良かったのではないかと思います。

 

・実際に試聴してみて・・・

とにかく迫力のあるサウンドです。低域がものすごくしっかり出ており、80年代~90年代のポップスとの相性は抜群です。

当時のラジカセでは不自然に低音をイコライザーで持ち上げたような重低音が多かったのですが、こちらのラジカセではバイアンプ接続のしっかりとしたスピーカーが搭載されているため、重低音のレベルを最大に上げても気持ちいいサウンドが楽しめます。

カセットデッキは外部接続ですが、しばらくはこのラジカセをサブシステムとして気軽に音楽を楽しむシステムとして使ってみようと思います。

【雑記】最近のCDって音が悪い!?

先日、NHK-FMでやっていたとあるラジオ番組をやっていました。アニメソングの特集番組でしたが、どうも音質が良くないのです。すべてここ数年に発売された曲ばかりなのですが・・・。

 

今回は敢えて名前は出さずにちょっと検証してみたいと思います。

・検証

今回音質が特に音質が気になったのCDの波形を確認してみました。CDとしては2014年発売のものです。

f:id:tomomik452:20180920221548j:plain

そして、1988年発売のとある楽曲の波形を確認します。

f:id:tomomik452:20180920222033j:plain

 

特にポップス系のCDにはこのような傾向があるのですが、新しいCDは波形が非常に大きくなっています。これは音が全体的に大きめになっている証拠です。

対して80年代のCDは波形が小さめで音量が小さめになっていることがわかります。

 

なら、大きめの音量で収録さてれいる今のCDのほうが音が良いのでは?と思われますが、実は違うのです。

 

・何故・・・?

何故、音が大きめのほうが音質が良いということではないのでしょうか?

デジタル、アナログ共に、音楽メディアには音量の上限というのが必ず決められています。問題になるのは音の平均的な音量と記録できる上限の音量の差なのです。

例えばドラムなどの打楽器の音であれば一瞬大きな音が出てすぐに小さくなります。

平均音量と上限の音量の差が大きければその音をしっかり収録することができますが、全体の平均音量が大きめに設定さてれいると瞬間的に大きくなる音を収録できないため、瞬間的に大きくなる部分を削る処理をして収録しなくてはなりません。

小さなスピーカーを使って小音量で聴いてる分にはそれほど気にならないレベルではありますが、高音質なスピーカーやヘッドホンを使って聴くと違いは歴然です。

 

・なんでこんな事になったの?

これは私の推測でしかないのですが、最近のオーディオ事情とも関係がしてきてるような気がします。

1990年代以前はバブル期ということもあり、しっかりとしたスピーカーを搭載した今のコンポと比べて非常に大きな「ミニコンポ」が流行っており、中高生でも持ってる人も珍しくはなかった時代でした。スピーカーのサイズで言いますと一番大きな低音域を担当するウーファー部が25~30cmの口径を持つスピーカーが当たり前ように搭載されていました。

 

それに対し、最近のコンポは比較的小さなものが主流で、以前のような大きなスピーカーはオーディオマニア向けの商品くらいしかありません。

そのため、CDの音楽情報をしっかりと再生しきれない製品が多くなり、全体的な音圧を上げたCDのほうが良く聞こえてしまうのです。

そのため、音圧を大きめにしたCDのほうが一般受けが良いため作る側としても、一部のマニアが使う大口径のスピーカーより、広く普及してる小型オーディオに合わせた音作りをしたほうが評判が良くなる。そんな感じではないでしょうか?

 

最近はネット配信向けにCDを超えた高音質な記録がされているハイレゾ音源も出始めています。自分はハイレゾ音源の配信を購入したことはありませんが、高品質なオーディオ機器で聴くことが前提になるハイレゾ音源でさえ音質より音圧を優先したものも少なからずあるようですし、中にはCDの音源をそのままアップコンバートしただけの商品もあるとか・・・。

CDやネット配信音源を購入する前には試聴をしないとちょっと怖いかもしれませんね。

 

まぁ、こんな記事を書いてる自分は40代のおっさんですので、最新のCDを聴くことはすくなくなりましたが、気に入った曲のCDを買ったら音質が残念なことになっていたらがっかりします。もう少しなんとかならないもんですかねぇ(笑)

 

【雑記】余ってるノートPCが出てきたので、オーディオ機器に繋いでネットワークプレーヤー的に使ってみることにしました。

前の職場のときに使っていたノートPCが出てきたので折角なのでオーディオ再生用として使ってみることにしました。

 

・ノートPC本体の紹介

Acerネットブック、Aspire E3 E3-112-F14C/S。11.3インチ液晶のクラムシェル型のノートです。2014年発売のモデルでそれほど古いものではありません。

CPUはCeleron Dual-Core N2840が搭載されています。2コア2スレッドのCPUでベンチマーク上の性能はAtom Z8750とほぼ同等のようですので、重たい作業は厳しいですが、今回の目的の音楽再生で使う分には申し分のないスペックですね。RAMは4GB搭載されており、一応バラせば増設もできるようですが、マザーボードを取り外さないとメモリスロットにアクセスできないようなので、カタログスペック上では増設不可になっています。

そしてこのPCの最大の問題はSSDではなくHDDなのでストレージのアクセス速度が遅いため、体感速度的にはZ8750を搭載したマシンより遅く感じます。

 

サウンドインターフェイス

USBオーディオI/Fも1つ余っていたのでこちらも使いました。たぶんこれが余ってなければオーディオ用に使おうという発想はなかったと思います(笑)

BEHRINGER UCA222というオーディオインターフェイスで購入時の価格は3000円くらいだった記憶があります。確認してみましたら、執筆時点でAmazonで3999円で普通に販売されていました。購入から5年経過するものですが、まだ現行製品なのでしょうか?

この製品はオーディオ入力・出力共にピンジャックで付いており、オーディオ機器との相性が良く、音質的にもノイズが少なく良好な音質になっています。

ただ、サンプリングレートが48khz 16bitまでしかサポートされていませんが、今回の用途は主にGooglePlayMusicとRadikoの再生なので何も問題はありません。

また、ピン入力でに入力端子もありますので、アナログ音源のデジタル化するのにも充分に使える子だったりします。

 

BEHRINGER UCA222

BEHRINGER UCA222

 

 ・・・ん?よく見ると発売日が2018年8月になってる?念のためにAmazonの販売ページを確認しましたらちゃんと「お客様は、2013/1/19にこの商品を注文しました。」と表示されていました。発売日の表示が意図的なのかミスなのかはわかりませんが、おかしい模様です(笑)

 

・モニター・キーボード・マウス

モニタはオーディオ機器と一緒に設置されてるテレビに繋げました。それと併せてエレコムのテンキー無しのワイヤレスキーボードとあと、以前にタブレットPCかなにかを買ったときにおまけで付いてきた怪しげなワイヤレスマウスを接続しました。

操作は基本的にそれで行いますが、TeamViewerをインストールし、他のPCからでもリモートで操作できるようにしました。

 

とりあえず、丸1日使いましたが、BGM的にストリーミング配信をたれながしで聴くのには良さそうです。気軽に使えるように電源は入れっぱなしで使いますので、Radikoの録音ソフトを入れておき、Radiko録音機にしちゃうのも良いかもしれませんね。

【最近買ったもの】激安ノートPCスタンド

 サブPCを使うために簡易的で構わないのでノートPCスタンドが必要になったので、Amazonで安いものを見繕って購入しました。

評価は★×4とそれほど悪くなさそうで価格が2000円程度と非常に安価なので購入しました。

 

まず開梱して気付いたのはとにかく「安っぽい」(笑)

Amazonの製品写真を参照していただくとわかりやすいですが、足が自由に可動して自由な形で使うことができます。ただ、角度の調整は想像以上にやりにくいです(笑)

角度などを変更する場合は、可動部には目盛りが付いていますので、広い場所でしっかりと両方の目盛りを確認しながら確実に行わないと大抵左右の角度が合わずにおかしなことになります(笑)

私は床に直接座って使っているのですが、ちょっと天板の角度を調整したいと思っても、ノートPCを乗せたまま調整すると大抵おかしなことになります(笑)

 

・どんな使い方ができそう?

一応カタログスペックは高さが最大48cmとなっていますが、正直そこまで高くするとあまり安定しないのでお勧めできません。その半分前後が上限だと思っていたほうが良さそうです。

 

床に座ってWebブラウジングや動画鑑賞などには向いてると思いますが、多少ぐらつきもあるため、長時間の文書入力などの作業には向かないと思います。

また、床に寝っ転がって動画鑑賞をするのにも丁度良い高さにできますのでお勧めですが、製品写真にあるようなベットに設置して使うような使い方は体が細い方でないと無理そうです。少なくとも私は体が入りませんでした(笑)

 

・サイズは?

サイズはかなり大きめで17インチ程度の大柄なノートPCでも問題ないと思います。私は10.1インチの小型ノートPCで使っていますが、サイズには余裕があり非常に使い勝手は良いです。

私は床に直接座って使うタイプの机?にデスクトップPCを置いて使っていますが、そこでサブPCとしてノートPCを置くサブテーブルとして使っていますが使い勝手は良好です。小さめのPCを使用していますので、コネクタも天板からはみ出さずに使えるので、安心にして使えます。

 

・これは買いか?

作業用よりも動画鑑賞用などには使い勝手は良いと思います。折りたたみ式と書いてありますが、足の開閉はかなりやりにくい為、一度使いやすいカタチを作ったらその状態で固定で使うものと考えたほうが良さそうです。

ただ、価格が非常に安いので、その辺のデメリットも含めても安いとは思います。

 

【雑談】MacBookAirを買って一週間。入れたソフトたちを紹介してみます。 アプリケーション編

前回の記事に続き、今回はMacBookを使い始めて1週間で入れたアプリケーション類を紹介してみたいと思います。

 

・Webブラウザ Google Chrome

お馴染みのGoogleのWebブラウザです。Windows上で使い慣れた環境、設定がそのまま持ち越して使えるので非常に便利です。

ブックマークやパスワード類などの設定や個人情報もそのまま同期できるのでOSを問わず、複数のPCやスマホタブレット等でどのPCでも同じ環境で使えるので手放せません。

 

Microsoft Office

私の場合はOffice365Businessですので、そのままこのライセンスを使ってインストールすることができました。法人向けの製品ですが個人でも申し込むことはできます。

個人向けのSoloより月額料金が安く、インストール可能台数がSoloですと2台までですが、Businessは5台までになりますのでパワーユーザーにはお勧めです。

若干使い勝手が異なる部分はありますが、概ねWindows版と同様の画面構成で特に違和感なく利用できます。

 

Adobe CreativeCloud フォトプラン

AdobePhotoshopLightroomの2本のソフトが利用できる月額/年額制のライセンスです。こちらはOS問わず2台までのPCにインストールができます。

2台以上のPCで利用する場合は多少面倒ですが、その都度ほかのPCをログアウトして新たに使う環境でログインすれば利用可能だったりします。他のPCのログアウトはWebの管理画面からも行えるので外出先でも利用なども問題ありません。

 

・TweetDeck

 お馴染みのツイッタークライアントです。WindowsではTweenというクライアントを使ってましたが、同様のクライアントソフトがなかったため、TweetDeckを使用しています。ネイティブアプリ版はWindows版は開発終了していますが、Web版はWindows環境でも利用可能なのでMacでもWindowsでも同様の環境で利用できます。

いくつかのツイッタークライアントを試しましたが、リストを含めたツイートの一覧性の高さや最新ツイートの確認しやすさでこちらを使うことにしました。

 

最近はアプリケーションのクラウド化も進み、1つのライセンスでMacWindowsで両用できるソフトも多く、クラウドの活用でデータや設定も含めてMacWindowsでほぼ同じ環境で利用できるので非常に便利ですね。

 

 

 

【雑談】MacBookAirを買って一週間。入れたソフトたちを紹介してみます。 ユーティリティ編

初めてのMac、中古のMacbook Airを購入して1週間が経ちました。1週間、メインマシンとして使ってみましたが、とりあえず導入したソフトを紹介します。

 

ウイルス対策ソフト Avira無料版

ウイルス感染のリスクが少ないと言われてるMacですが、一応ウイルス対策ソフトを入れておきます。Aviraを選んだ理由はWindowsでも使ってるから。それだけの理由です。

Windows版はスタートアップ高速化やメモリ最適化ツールなどが付いていますが、Mac版ではアンチウイルスのみのシンプルなものでした。

 

・日本語変換ソフト ATOK PASSPORT

MacOS標準の日本語変換機能があまり変換効率がよくないのでATOKを導入してみました。Windows版同様に快適に利用できます。

OS問わず最大10台までインストールできるので躊躇なくインストールできるのがありがたいですね。

 

・キーアサイン変更ツール Karabiner

MacOS上でWindows用のキーボードを快適に使うための必需品。

Windows用のキーボードでは「かな」と「英数」のキーがアサインされていないため、文字種の変更にマウス操作が必要になってしまいます。

このツールを使うことでキーアサインを変更し、必要なキーをすきなキーに割り当てることができるので非常に便利です。

 

Google バックアップと同期

Googleドライブのクライアントソフト。MacにはiCloudが標準でインストールされていますが、既にGoogleドライブを利用しましたのでこちらをインストールしました。

MacOS上でもWindowsと同等の機能が用意されており快適に利用できています。

 

・Wine

MacOS上でWindowsのソフトを使える魔法のソフト。元々はLinux用のソフトです。

ただ全てのソフトが動作するわけではなく、かなりの率で動作に問題がでることがあるので、「動けばラッキー」程度と考えておくとよいでしょう。

動作すればMacOSのアプリと同じように扱えるのですが、残念ながら私が使いたかったアプリケーションは動作しませんでした(笑)

 

・メモリ最適化ソフト Memory Clean

搭載メモリが4GBとやや少なめで増設のできないMacBookAirでは必需品のソフトです。ステータスバーに常駐して簡単に最適化できるようになっています。

 

・バッテリー管理ソフト Battery Monitor

ステータスバーに常駐し、バッテリーの推定残り時間を表示してくれます。

クリックするとバッテリーの劣化状態や充電サイクルなども確認できるので、バッテリーで利用することが多い人には必需品ではないでしょうか?

 

今回はユーティリティ系のソフトを中心に入れたものを書きました。Macは使い始めて間もないため、フリーソフト事情も詳しくないのでもっと良いソフトもあるでしょう。今回紹介したソフトよりもこっちがいいよ。とかこんなソフト便利だよ。というものがあれは是非教えてください。

 

【雑記】初めてのMac MacBook Air デスクトップ化作戦

とりあえず、せっかくのMacBookですが、色々と弄ってみるのに11インチ液晶では使い勝手がよくない面もあるので、デスクトップ機のように外付けキーボード・マウス、外部モニターを接続してみました。

 

・外部モニター接続

モニターはとりあえずメイン機で使用している24インチモニターを使うことにしました。MacBook側のモニター出力はDisplayPortで、モニター側にはありません。とりあえず家電量販店に行き、変換ケーブルを探してきましたが・・・4000円もするんですね(汗)まぁ買うしかないので仕方なく買ってきました。

設定に関してはそれほど難しいこともなくすんなりデュアルディスプレイ化できました。

 

・マウス・キーボード

用意したキーボード・マウスは一般的なWindowsPC向けのキーボードとマウスを用意しました。マウスに関してはすんなり認識して問題なく使用できています。

マウスに関してはスクロールの方向がWindowsとは逆ですが、「システム環境設定」の「マウス」から簡単に設定変更することができました。

キーボードに関してはちょっと問題が発生しました。Windows用のキーボードを使用すると「かな」「英数」キーに割り当てられているキーがないため、文字種の切り替えがキーボードから行えません。マウスを使えば可能ですがそれではさすがに不便ですので、ちょっと調べてみました

www.wholenotism.com

こちらのサイトを参考にKarabiner-Elementsというソフトをインストールして行うことにしましたが、「システムソフトウェアの読み込みがブロックされました」と表示されてしまい、ブロックを解除するための「許可」ボタンが解除できません。色々と試してもだめなので、こちらも調べてみました。

lab.hendigi.com

こちらのサイトによるセーフモードで起動してあげれば問題なさそうですので、この記事の通りに行ったところ無事にブロックを解除することができました。

多少のキーアサインや操作方法の違いはあるものの、慣れてしまえば問題なさそうです。

 

・使ってみて・・・

まず、デジカメのRAW現像を行いました。使用ソフトはAdobeLightroomというソフトを使用しました。こちらのソフトは普段Windowsでも使っているものなので、全く違和感なく使用できています。ただ、RAM容量がWindowsマシンは16GBに対し今回のMacBookAirは4GBと劣っているせいか、特に現像画面での画像読み込みやJPEG書き出しは時間がかかるようですが、それ以外の作業には大きな支障はありませんでした。

全体の使い勝手としては特にMacOSの特徴でもあるDOCKに関しては慣れないとちょっと使いにくく感じましたが、慣れると使い勝手がよいと感じました。

唯一使いにくいと感じる点はブラウザなど複数同時に立ち上げることの多いソフトの場合、Dockから直接開くウィンドウを選択できない点くらいでしょうか?

 

まだ使い始めて日があさいので充分なレビューができませんが、全体的にわかりやすくできており、先ほどのキーボードの件以外は弄っていれば大抵はなんとかなることが多い点には関心しました。