読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【最近買ったもの】NEEWER マニュアルストロボ TT560

 今回購入したものはNEEWER製のクリップオンストロボのTT560です。

既にクリップオンストロボは所有しておりますが、すべてCanonTTLに対応したもので、他のカメラでも汎用的に使えるストロボが欲しいということで購入しました。

本来カメラメーカーのTTL仕様に対応したストロボを購入するのが良いのですが、今回はサブ機としているカメラがソニー富士フイルムペンタックス、シグマなどメーカーがばらばらですので、それらに対応したストロボをすべて用意するのは金銭的にも厳しいですし、携行にも不便です。

 

そこでメーカー問わずホットシューがあれば新旧問わずほとんどのカメラで使用できるマニュアルストロボの購入しようと量販店に行きましたが残念ながら店頭に置いておらず、店員に聞いてもわからないとの事でした。

そして自宅でAmazonで検索したところ、NEEWERという中華カメラ用品メーカーよりなんと3000円を切る価格でガイドナンバー38というそこそこのスペックでしたので、ダメ元で購入してしまいました。

 

そしてこちらの製品が到着して驚いたのは価格の割に全然安っぽくないということです。ぱっと見た目は背面の操作パネル以外は数千円の安物には見えません。

背面パネルもマニュアル発光とスレーブ発光の切り替えと光量の切り替えボタン、あとは電源スイッチとテスト発光ボタンと非常にシンプルでマニュアルでストロボを使った事ある人であればマニュアル等を読まずに簡単に使用することができます。

 

そして電源ですが、安物ストロボでは単三電池2本でチャージ時間が恐ろしく長いという事も多いですが、このストロボは単三電池4本になっており、その為かチャージ時間もそこそこ短くなっております。

 

実際に撮影してみると・・・操作ボタンがシンプルなのが非常に楽に感じました。撮影中に使うボタンは基本的に光量の調整ボタンと電源スイッチのみ。他に細々しい操作がいらないのは非常に楽でした。

そしてチャージ時間ですが、フル発光を使用するとちょっと時間がかかりますが、フル発光を多用することはほとんどありません。私がよく使った発光量(1/8~1/4)あたりではテンポ良く数枚の写真を連続して撮影する場合でもストレスを感じさせない程度のチャージ速度で個人的には大満足でした。

またストロボ形状は他社のストロボとほとんど変わらない形状でデュフューザーなどのアクセサリーの使用も全く問題はありませんでした。

 

他には私は使用しない部分なので評価はできませんが、シンクロ端子や外部電源端子も備わってたりします。ただAmazon製品のページではPC端子になっていますが、実際には3.5mmミニプラグになってるので注意が必要です。

 

非常で安価でありながら発光部は上下はもちろん左右にも可動できる仕様になっている他、スレーブ発光やシンクロ端子に対応できるので、多灯撮影にも利用できたりと利用できる範囲も広いのでお勧めできる1台になっています。