読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【2016年まとめ】2016年に買ったもの カメラ機器編

今年の購入したカメラ機器に関してはメインのCanon EOS系のものは少なめ、ほとんどがそれ以外のマウントに関連したものでした。

 

ペンタックスQ初代・ペンタックスQ-1S

ペンタックスQ初代は当初、たまゆらに登場したカメラということで半分ネタで中古品を購入したのですが、実際に使ってみると予想以上に表現力が高く、逆に大きなセンササイズのカメラではできないような表現も可能で思いっきりハマってしまい、純正交換レンズ5本やマウントアダプター、最終的には最新機種のQ-S1まで買ってしまう始末ですした(笑)

また交換レンズは他のカメラとはまったく違ったユニークなレンズが多く、しかも安いものでは数千円程度から、ちょっと高いレンズでも1万円台前半だったりと交換レンズも安価なので、システムが揃えやすいのもうれしいところです。

 

Canon PowershotG9

比較的新しいG9XではなくG9という古いCanonのハイエンドコンデジです。

以前は持ってましたが3年くらい前に手放してしまい、また使いたいなぁ・・なんて考えていたらジャンクで3000円程度で購入できたので購入しました。

 

SONY α7Ⅱ レンズキット

2015年にα7初代を購入しマウントアダプタでFDマウントを中心に運用しておりましたが、予想以上に使えるシステムになり、EOS 6Dとは違った撮影することを楽しむカメラということで使ってきましたが、イベント時の撮影なんかでは複数台運用をしたい場面も多く、思い切ってα7Ⅱを購入しました。

マウントアダプタ使用時でも使えるボディー内手ぶれ補正やサードパーティ製の電子接点付マウントコンバーター使用時のAF性能の向上などオールドレンズで遊ぶ人にも魅力的な最新機能が搭載された使いやすい1台です。

 

■ストロボ関連(新品3本・中古1本)

実は以前使っていたCanon純正ストロボを紛失してしまい、必要に迫られて社外品のK&F Concept製のEOSのTTL対応のストロボを購入しました。

他にα7やペンタックスQで運用時で使えるマニュアルストロボがAmazonで3000円程度で売られていたので購入しました。こちらはNEEWERというメーカーですが、中国製でありながら非常にしっかりとした品質で充分使えるストロボでした。

他には・・・ジャンクでナショナルのストロボを1台購入しています。

 

■レンズ関係

2016年は高価なレンズの購入はなく、ほとんどはFDマウントの中古やジャンクのレンズで、一番高価なもので6000円程度でした(笑)その代わり数えたくないくらいの本数は購入しています(笑)

ちなみに一番安いものは500円でした(付属品目当てで購入)

 

今までCanonのEOSシリーズを中心として撮影してきたカメラ機材ですが、2016年からはペンタックスQやα7シリーズなどの稼働率が増え、撮影すること自体を楽しむための機材と、確実にいい写真を撮るための機材とはっきりと分かれてきたのが2016年でもしかしたら大きな節目ともいえたのかもしれませんね。