読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お散歩用デジカメ、No1決定戦!?

ここのところ、お散歩用としてジャンクコンデジを4台ほど立て続けに購入してるので、今回購入したものの中でどれがお散歩カメラに適してるか試してみました。

 

・カシオ EXILIM EX-Z600/700

こちらはYシャツのポケットやGパンのポケット等にも気軽に入る薄型タイプで、携帯性では今回のカメラの中では間違えなく1番です。

ただ、小型軽量である分、操作性はあまり良くなく、完全にオート任せの撮影であれば何の問題もありませんが、マクロ撮影などのフォーカスモード切替、ISO感度の切替などは設定メニューから呼び出すタイプで操作性は非常に悪いです。

(1項目のみはショートカットキーに設定が可能です)

またマクロ撮影に関してはあまり良くないので、道端でみかけた花を撮影・・・みたいなシーンは苦手です。その反面ISO200の画質が良いので日陰のちょっとくらい場面なんかの場面は有利です。

 

Canon Powershot A570

このカメラはやや厚みがありグリップ部が大きいため、ズボンのポケットなど余裕のある大きさのポケットでないと入りません。

操作性に関しては今回の中では文句なく1番で唯一マニュアル露出ができるカメラです。設定に関して絞り・シャッタースピード、露出補正などの露出にかかわる部分はメニューを呼び出さずに設定が可能で、ISO感度やドライブモード、画質設定などの撮影中によく使う設定は設定メニューとは別の専用メニュー画面で簡単に変更できるようになっています。

画質面では正直カシオのほうが一枚上手という感じはしますが、AFの信頼性やマクロ撮影、マニュアル露出などの部分ではこちらの圧勝です。

ISO感度は200で既にノイズが目立つような感じですので、薄暗い場面はちょっと苦手なようですが、ポケットに入るサイズのコンデジですし、仕方がないところでしょう。

 

・Vivicam トイカメラ

このカメラはトイカメラで、他のカメラと比較して・・・というのはちょっと違うような気がしますが・・・まぁいいでしょう(笑)

サイズは昔のフィルムのコンパクトカメラを彷彿させるようなサイズでポケットに入れるのにはやや厳しいサイズですが、ズボンのポケットであれば入るレベルです。

操作性に関しては正直なところあまり良くありません。

ほとんど全ての設定をメニューから呼び出す必要がある上、比較的よく使う部分が深い場所にあったりと使い勝手はあまり考えられてないような作りになっています。

画質に関しては独特なものがありますので、他のカメラとは単純に比較はできませんが、PCで調整することを前提にすればISO100なら普通のカメラとしても使えそうなレベルの画質は持っています。

また、マクロ機能は特に小さな被写体は苦手なようでピントが合いにくい上、液晶が見にくいためあとで確認したらピンが合ってなかったというのはよくある事です。

 

ただ、独特な味を持っていて、特にレトロな雰囲気を出したいような時はこのカメラは意外と悪くない選択肢だと思います。

 

RICOH Caprio 400G wide

こちらは完全に現場仕様のカメラなので、私には普段持ち出して使う度胸はありません。外観からしていかにも現場仕様というゴツいカメラですので・・・。

というわけで、お散歩カメラとしては論外ですが、強い雨が降り出しそうなときはアリかも!?w

ただし、完全にポケットには入りませんが・・・

 

今回は新たに購入した4台を比較しましたが、他に所有してるコンデジに関してもまた別の記事で書いてみたいと思います。