読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近買った中古カメラ Canon NEW FTb

FDマウントのレンズとソニーNEX-6で色々と遊んでいましたが、なんとなくフイルム機にも触ってみたい!。ということでCanon NewFTbを買いました。

このカメラは1973年発売のカメラで、元々は1971年に発売されたFTbのマイナーチェンジモデルになります。当時の最高級機F-1の弟分に当たる機種でした。

 

ハードオフでダメもとで1575円で購入しましたが、驚くべきことに露出計の電池とフイルムをセットするだけで問題なく使えました。

ただし、露出計に使用する電池が水銀電池なのですが、既に生産が完了していて入手は困難ですので、代替電池となっているアルカリ電池を使用します。この電池は若干電圧が異なるため、露出が1段程度狂うということですが、実際に撮影してみるとほぼ適正な露出になっていましたので問題は無さそうです。

 

撮影はまず、巻き上げレバーを引きます。この巻き上げレバーはかなり大きく動かしますので、最後までしっかり引かないとシャッターが切れません。

次にファインダーを覗き、ピントを合わせ構図を決めます。そして露出もマニュアルなので、ファインダー内にある露出計の針を適正露出の指標に重なるように調整します。

自分は予めシャッタースピードを決めておいて、絞りで調整するようにしてみました。

 

初めてのフイルムカメラで無謀にもMF一眼レフということで、撮影した写真のほとんどが失敗写真になっているだろうと予想してましたが・・・現像に出して仕上がったものを見ると、7割以上は問題なく撮れてました。

しかし、40年前のカメラがメンテナンス等をまったくせず、電池とフイルムの装着のみで撮影できるとは・・・・。凄いですよね!